fbpx

eboardを応援する

eboardを応援する

どんな環境にあっても、学びのチャンスを届けたい。

私たちは、たとえ、どんな環境にあっても、子どもたちが「学んでみよう」と思ったとき、子どもたちの学びを「支えたい」と思ったとき、「いつでも、どこでも」それが実現できる。そんな「学びをあきらめない社会」の実現を目指しています。

これからの社会において、インターネット上に、どんな環境にある子でも、学べる場所が必要です。
ICTの環境が整備された今、自治体や学校、地域や家庭によらず学べる場所は、子ども達や子ども達を支える人にとって、大きな力となります。

私たちNPO法人eboardは、この「インターネット上に、学びのセーフティネットをつくる」というチャレンジを、一人ひとりは小さな力であっても、できるだけ多くの方からの応援で成り立たせたいと考えています。

eboardでは、2021年現在毎月約20万人の子が学んでいます。この次の時代の「学びのセーフティネット」をつくる、支えるために、力を貸してください。

支援の方法

1日33円からできる支援

「学びを支えるインフラ」である eboardをインターネット上で維持・発展させていくためには、継続的な資金が必要になります。
ぜひ、継続的な毎月の寄付でのご支援をご検討ください。

お使いいただけるカード

お使いいただけるカード

都度の寄付でのご支援

あなたのタイミングで、ご自由な回数・金額で寄付ができます。

お支払い方法

クレジットカード

カード

寄付金額をお選びください。

銀行振り込み

以下の口座にお振込みをお願い致します。

ゆうちょ銀行 支店名

四三八(店番号:438)

預金種目

普通預金

口座番号

6468876

口座名義

NPO法人eboard(トクヒ)イーボード)

お振込みの後、以下のフォームからメールアドレスとお名前をご連絡いただけますと幸いです。活動報告メールマガジンや、イベントの開催情報などをお送りいたします。

あなたの寄付でできること

毎月2,000円のご寄付で

eboardを利用する教育現場1カ所を1ヶ月間サポートすることができます

eboardを利用する教育現場1カ所を
1ヶ月間サポートすることができます

eboardを教育現場でご利用いただくには、教材の提供環境を維持するだけでなく、 お問い合わせの対応やお申し込みの手続き、効果的な活用にむけたサポートなど 様々な支援が必要です。ICT環境の整備が進み、eboardの利用ニーズは増す中、 eboardの提供・展開にかかる費用が不足しています。

毎月5,000円のご寄付で

eboardを利用する教育現場1カ所を1ヶ月間サポートすることができます

全国の子ども達が無償で使い続けられる教材を新しく作成することができます。

映像授業や字幕の作成、小単元のデジタル問題集など、eboardの1つの コンテンツを作るためには、およそ5,000円の費用が必要になります。 どんな環境にあっても、無償で学び続けられる教材の充実に力をかしてください。

みなさまからの支援が、このような活動につながります

eboardがあったから、学ぶことができた。

不登校や発達障害などから、学校でうまく学べない子。経済的な理由から、塾を利用することができない子。eboardがあったから、学ぶことができた。そんなたくさんの子ども達の学びを、支えることができます。

娘が学校にいけなくなり、自宅での勉強をどうするか模索していましたが、eboardの動画はちゃんと理解できているようで、こんなにも楽しそうに勉強にむかう娘を初めて見ました。

アイコン

貧困家庭の子ども達、被災地、困難に挑戦する現場へ。

eboardをご利用いただく、教育・学習支援の現場は、公立学校からNPO、フリースクール、社会的養護施設まで、多岐にわたります。インターネットだけでは、届けることができない子ども達に、教育・学習支援の方々と学びのチャンスを届けます。

アイコン

学ぶ意欲や学ぶ方法を個人の問題として処理せず、環境側の課題として捉え、課題解決しようとする姿勢がツールからも溢れ出ています。だからこそ、困難・不利を抱える子どもを含めたすべての子どもたちが、学びをあきらめないことにつながっていると感じます。
認定NPO法人カタリバ 加賀 大資 様

障害を持った子、外国につながる子。NPOだからできる取り組み。

2021年、eboardの映像授業に「やさしい字幕」がつけられ、国内の主要な映像授業教材としては唯一、字幕による機会保障が実現されました。わかりやすく編集された「やさしい字幕」は、1,000名以上のボランティアのご協力でつくられ、障害を持った子や外国につながる子、7万人以上の機会保障につながっています。ビジネスでは解決しづらい問題に、NPOだからこそできる形で取り組んでいます。

支えてくださっている方の声

    • 本城 慎之介 様

      軽井沢風越学園 理事長

      本城 慎之介 様

      eboardを信じられる、と思った

      「これからどんな機能に力を入れて開発していく予定ですか?」という質問に、代表の中村さんは間髪入れずこう答えた。「やさしい字幕をひとつでも多くのコンテンツにつけることです。」予想から大きく外れる答えに驚く。でも、その答えは「学びをあきらめない社会へ」に真っ直ぐ通じるものだったeboardを信じられる、と思った瞬間でした。
    • 中川 望 様

      スクールソーシャルワーカー

      中川 望 様

      不登校の子ども達のため ずっと続いてほしいサービス

      普段不登校の生徒をサポートする仕事をしており、様々な場面で利用させていただいています。動画解説が丁寧で生徒さんや親御さんからとても喜ばれます。なぜ無料で使用できるんだろう?とずっと疑問でしたが、寄付で成り立っていること知りました。ずっと続いてほしいサービスなので、無理なく少しでも恩返しできたらいいなぁと、月々の支援を申し込みました。これからも、たくさんお世話になる予定です。
  • レイモンド・ウォング 様

    元 ウェルズ・ファーゴ証券 代表取締役社長

    レイモンド・ウォング 様

    子供たちや教育現場に「学びを届ける」活動が加速してる

    FIT For Charity 2017 からのご縁でかかわり「学びをあきらめない社会」を目指すeboardを応援してます。自分を含め大人でも楽しめるICTコンテンツは、特に「やさしい字幕」プロジェクト(※ 2020年度)でたくさんのサポーターを巻き込みました。子供たちや教育現場に「学びを届ける」活動が加速してると実感しています。ぜひたくさんの大人の方々に知っていただき、一緒にサポートしていただけることを、心から願ってます。
  • 松本 涼一 様

    福島県公立中学校教諭

    松本 涼一 様

    塾がない町や村にとってeboardの存在は大きい

    eboardの存在を知ったのは、ICT教育に関するある本がきっかけでした。無料で利用できること、生徒の活用履歴も把握できる点に特に惹かれました。最初は便利なサービスだと思っていただけでしたが、NPO法人eboardの理念を知るにつれ、このサービスを継続させるお手伝いができればと思うようになりました。私の勤務地のように、塾がない町や村にとってeboardの存在は大きいです。「学びをあきらめない社会」を私も一緒に作っていきたいです。

eboardの教材と支援活動は、
多くの方に寄付によって
支えられています。

マンスリーサポーターになる
eboardの教材と支援活動は、多くの方に寄付によって支えられています。